トップページに戻る

会則・規定

人間・植物関係学会規則

2001年9月30日制定
2002年6月2日改定(第5条)
2003年4月1日改定(第3条)
2003年6月15日改定(第3条)
2005年6月5日改定(第12条)
2006年6月4日改定(第3条)
2007年6月8日改定(年会費)
2010年5月10日改定(名誉会員)
2013年6月16日改定(第3、4、8、9、11、12、13条および会長、副会長、理事、監査の選出方法)
2014年6月22日改定(理事,監査の選出方法)

第1章 総則

第1条 人間・植物関係学会(Japanese Society of People-Plant Relationships)と称する。
第2条 本会は人間と植物とのかかわりについての情報交換をはかりつつ,学術成果を高めるとともに,新しい学際分野の展開,人間の幸福への活用を目指すことを目的とする。
第3条 本会の事務局は別途定める。
第4条 本会は第2条の目的を達成するため次の事業を行う。
 1.会員の研究成果を発表する大会
 2.講演会・シンポジウム、その他の会合の開催
 3.学会誌の発行(年1回以上)
 4.その他人間・植物関係の研究とその普及・応用の進展のための必要事項

第2章 会員

第5条 本会の会員は正会員(学生会員を含む),賛助会員および購読会員の3種とする。
正会員は本会の主旨に賛同して入会した個人とする。賛助会員は本会の事業を賛助するために入会した団体・機関または個人とする。購読会員は学会雑誌等の学会が発行する出版物の購読を希望する団体・機関とする。
第6条 会員は毎年会費を納入するものとする。なお,既納の会費は返納しない。
第7条 新たに入会しようとする場合は,事務局(会長)に所定の事項(氏名,勤務先とその所在地等)を記入し,会費を添えて申込むものとする。会員が退会しようとする場合は,会長にその旨を届出るものとする。

第3章 役員

第8条 本会に次の役員を置く。
 会長 1名
 副会長 若干名
 理事 20名程度
 監査 2名
 顧問 若干名
第9条 役員の任務は次のとおりとする。
 1.会長は会務を統括し本会を代表する。
 2.副会長は会長を補佐し会長に事故がある時はこれに代わる。
 3.理事は理事会において会務を審議するとともに、庶務,会計,編集,集会,国際交流,学会賞等の会務を分掌する。
 4. 監査は本会の会計を監査する。
第10条 会長,副会長,理事および監査は別に定める規定によって会員の中から選ぶ。
第11条 役員の任期は原則2年とするが,再任は妨げない。次の役員が決まるまではその任務にあたるものとする。
第12条 学会誌の刊行に関して編集委員若干名を置く。編集委員長は理事会において、理事の中から選定し,会長がこれを委嘱する。任期は2年とする。ただし,再任は妨げない。投稿規程は別に定める。

第4章 会議

第13条 会議は総会および理事会の2種とする。
第14条 総会は毎年1回これを開く。会務および会計の報告は総会においてこれを行う。
第15条 理事会は会長,副会長および理事をもって成立し,毎年1回これを開く。なお必要に応じこれを召集する。
第16条 総会は正会員の1/5以上,理事会は理事の1/2以上の出席によって議決することができる。ただし,当該議事に関し,委任状をもって出席者とみなすことができる。
第17条 理事は委任状により,他の理事を代理人とすることができ,委任した理事は出席したものとみなす。

第5章 会計

第18条 本会の会計年度は毎年4月1日に始まり3月31日に終わる。
第19条 本会の経費は会費その他の収入をもって当てる。
第20条 本会の予算は理事会の議を経て決定する。

第6章 支部

第21条 本会に支部を設置することができる。
第22条 支部の設置および改廃は理事会の議を経て,会長が定める。
第23条 各支部に支部長1名をおく。支部長はその支部の推薦に基づき会長が委嘱する。
第24条 支部規則は支部において作成し,本会の承認を経るものとする。

第7章 補則

本会の規則を改正するには理事会の同意を得て総会の議決を要する。
会長,副会長,理事,監査の選出規則(2001年9月30日制定)人間・植物関係学会規則第10条に基づき以下のように定める。
 1.理事および監査は,理事会において正会員の中から選出する。
 2.会長は,理事会において出席した理事の互選で定める。
 3.副会長は,理事の中から会長が推薦し,総会の承認を得て,会長が委嘱する。
 4.会長は,選出時より執行責任と権限を有する。
 5.会長,副会長,理事および監査は,理事会決議を経て,総会で報告し承認を得る。
 6.本会は理事会の議を経て名誉会員をおくことができる。

年会費(2008年6月8日改定)

人間・植物関係学会規則第6条に基づき以下のように定める。
 1.正会員 10,000 円
 2.学生会員 3,000 円(2009年度より)
 3.賛助会員 一口 30,000 円
 4.購読会員 20,000 円

人間・植物関係学会賞規定

第1条 人間と植物との関係性に関する学術の進歩を図るため,人間・植物関 
係学会賞(以下学会賞という)を設ける。
第2条 学会賞は人間・植物関係学に関して,特に優秀な業績をあげた学会々員に授与する。
第3条 学会賞の授与は毎年度1回行うものとし,総会の席上で会長が授与する。ただし,授与該当者がない場合はこの限りでない。
第4条 学会賞を授与される者(以下受賞者という)を選考するために,人間・植物関係学会賞選考委員会を設ける(以下委員会という)。
第5条 受賞者の決定は委員会の選考結果に基づき,理事会が行う。
第6条 委員長は会長が委嘱する。委員長は委員および幹事を選考し、理事会において承認を得る。委員会は委員長の他、委員6名以内,幹事若干名をもって構成する。委員及び幹事の任期は2年とする。ただし,再任は妨げない。
第7条 受賞者の選考手続きに関して必要な事項は委員会で定める。
第8条 本規定は理事会の承認を得て変更することができる。

付 則 本規定は2016年10月2日より施行する。

委員会構成
委員長:学会賞委員長
委 員:学会長 役職指定
編集委員長 役職指定
国際交流委員長 役職指定
学会賞委員3名程度
幹 事:学会賞委員長 指名

人間・植物関係学会国際交流助成規程

第1条 本学会は,人間・植物関係分野の国際交流を促進するため,以下の助成事業を行う。
 1.国際会議等出席のための渡航費用の補助:申請時点で35歳未満の会員が海外で行われる国際会議,国際シンポジウム等に参加・研究発表を行い,他からの一切の経費補助を受けない場合。
 2.国内で開催される国際会議等に対する助成:複数人の会員が企画・実施する国際会議や国際シンポジウムで,国内で開催されるもの。
 3.外国人研究者の招待講演費用の補助:会員が招へいする外国人研究者が本学会主催または協賛のシンポジウム等で講演を行う場合。
 4.その他必要と認められる国際交流事業。
第2条 本助成の経費は,特別会計をもってあてる。
第3条 本助成を受けようとするものは所定の様式に従い,期日内に国際交流助成申請書を提出しなければならない。申請書の受付は4月末日とする。
第4条 本助成対象の選考・決定は申請書に基づき理事会が行う。
第5条 同一年度の助成は,原則として総額20万円以内とする。渡航助成については一件につき上限7万円とする。国内で開催される国際会議等に関する助成は,一件につき上限20万円とする。招待講演費用については一件につき上限10万円とする。
第6条 助成に関する資格,申請方法,選考結果,助成額については,HPに公示する。
第7条 本助成を受けた会員は,成果を学会雑誌(投稿料無料)において報告しなければならない。
第8条 本規程の改正は理事会の議決を得なければならない。

附則 本規程は,2017年4月1日より施行する。